英語の「Bona Fides」は、ラテン語に源を発して、「誠実」を意味しています。当会社はお客様のために優秀な製品とサービスを提供しております。

ボナフィド(Bona Fide)科学技術有限会社は、1995 年に創立され、すぐれた品質の液晶ディスプレ-(LCD)製品とディスプレイシステムを専門的に生産し、価格競争力があるLCDの専門メーカーです。

2007年、弊社は、マレーシアの有名なLCDメーカーのCrystal Clear Technology Ltdを合併し、弊社の生産能力、技術レベルと価格競争力を向上させました。製品の開発と品質の絶え間ない追求によって、弊社は、現在、LCD業界中での地位を築き、取引先にさまざまなLCD製品を提供でき、取引先からの高い評価を受けております。
わが社は取引先の要求に基づいて、TAB、COBあるいはCOG技術を採用して、TN、HTN、STN、FSTNなどLCDパネルを生産できます
弊社の特徴としましては、液晶はもとより、液晶周辺の駆動回路、PCB設計、ソフトウェア開発、インバータ照明システム、機械部品、成型、打ち抜き加工成型などの設計能力を備えて顧客のニーズに対応可能でございます。
取引先は弊社を液晶にとどまらず、液晶周辺のトータル製品の「解決会社」で誠実と信用を有する供給元と見なしています。

2006年、ボナフィドは、優秀な技術集団である、鋭創(Semic)科学技術有限会社を合併し、わが社のOEM/ODMの解決力と技術の実力をいっそう強めました。このように、LCD/LCM設計・製造の専門知識の他に、わが社はまたOEM/ODMの先端的生産施設を備え、その上に豊富な経験を有する技術スタッフ、品質保証スタッフと高効率的生産チームを加えて、わが社は取引先のために製品の設計から大規模的な生産のワンストップの解決までを提供する能力が有します。

2000年以来、わが社は、全世界でのディスプレイ技術の研究分野における先導大学――香港科技大学と協力して、革新的製品(例えばAVA™、MIRA™、KALA™など)を開発しています。多数の製品は現在すでに研究製作が成功して特許も得ました。

ボナフィドの従業員すべてが取引先の要望に対して積極的に対応し、創造力を持って解決に望みます。

弊社は最新の科学技術の発展と歩調をあわせて、取引先に対して高品質な製品の提供とサービスお約束いたします。